【ポケモンORAS】メガサーナイト育成論#1【ダブルバトル】

メガサーナイト#1縦500

努力値配分・各種データ

育成論データ`メガサナ
性格 特性 アイテム
ひかえめ トレース→フェアリースキン サーナイトナイト
技1 技2 技3 技4
ハイパーボイス サイコショック こごえるかぜ まもる
努力値 H252 C252 S6
実数値 157-115-105-X-75-71
育成ポイント
メガ進化前提のサーナイトとなります。素早さは『こごえるかぜ』を搭載する事によっておぎなっています。

『ワイドガード』持ちのポケモンには『サイコショック』で対策していきましょう。
育成論1は『初心者でも楽にポケモンを用意できる』という点からぶっぱにしています。

個人的にサーナイトは調整ありきのポケモンだと考えています、
慣れている方は、ほかの育成論もご参照ください。

バトル中の立ち回り
サーナイトは物理防御が低く、強力な物理攻撃はまともに耐えられません。
またメガ前の素早さも中途半端ですので立ち回りは大変重要といえます。場に出した以上、メガしない選択は無いポケモンなのでガンガンメガしていきましょう。
相方のポケモンに『モロバレル』や『トゲキッス』などの吸い込み技でサーナイトを守るポケモン。
『ゴウカザル』や『ライチュウ』といった初ターンに相手の一体の行動を封じれるポケモン。

高火力技『ハイパーボイス』を最初からガンガン撃つも良し。
『こごえるかぜ』で上をとりつつ次のハイパーボイスで落とすという事も可能です。

要注意ポケモン・対策
クチート
同じフェアリータイプでありメガ枠のポケモンです。
鋼タイプのポケモンで『スキンハイパーボイス』が半減となります。

また、相手は抜群をとれるだけでなく、『ふいうち』が等倍ダメージとなりますので餌食となります。めざめるパワーの炎や地面の採用で弱点はつけますが、確定一発をとれないので後続か隣に処理を
まかせましょう。

ヒードラン
クチート同様非常に厄介な鋼タイプのポケモン。
今回の型ではめざめるパワーの採用がありませんので対面して勝つことはまず不可能です。
パーティに地面技を打てるポケモンか、一致格闘技を使えるポケモンを入れる事で対応しやすくなります。

 

ギルガルド
『ワイドガード』を所有しているギルガルドが多いです。
こちらの全体技を無効化、サブウェポンでも威力半減。
下手をすると何もさせてもらえない可能性があります。

また、味方ポケモンでも確定一発で落とせるのはごく一部のポケモンとなります。
味方に強力な地面タイプか炎タイプがいると対応はしやすいです。