【ポケモンGO】ポケビジョンやPokeWhereでポケモンの出現場所がわかる

pgo-ss5

既にたくさんの情報が出回っている『ポケビジョン』が大変便利です。
Google Mapのデータを元に、ポケモンの出現する場所を教えてくれるアプリです。

人によってはゲーム性を損なうアプリです
位置情報を利用するものになりますので、
利用に関しては自己責任でお願い致します。

また、今後アップデートで使えなくなる可能性もあります

かふたろう
現状、公式のポケモンの足あとが有効にならないバグがあるのでポケモンが探しにくい状態です。
個人的には、ポケモンの世界に【ぶんぷ図】があるという点から原作に忠実なアプリでもあるという考えなので活用しています。
また、この機能がある事で「やみくもにただ歩くだけ」ではなく、目的を持って外に出れるという動機付けにもなるので、個人的には気に入っています

8月1日現在対策のたm利用不可能に

現在当記事で紹介しました、『ポケビジョン』『PokeWhere』の二点は運営対策のため利用できません。
類似アプリの『P-GO Search』では利用が確認できています。
こちらもいつ利用不可能になるかわかりませんのでご注意ください。

ポケモンの巣を探せる

pgo-ss6
今世間を騒がせている【ポケモンの巣】をこのマップを使って探すことができます。
また、自宅で確認をしておくことで付近にポケモンが出た際に瞬時に対応もできます。

30分間のタイムリミットも表示されるため、
今自分がいる場所からの距離を考えて動く事ができます。

ポケモンの巣に関しては一定の期間で配信されている可能性が高いため急ぐ必要はありません。
しかし一時的に発生したレアポケモンに関してはこの時間が大変重要ともいえます。

ポケビジョンの使い方

下記リンクが『POKÉVISION』のサイトとなります。
https://pokevision.com/

pgo-ss7
  1. GPSで自分のいる位置にポイントを置く
  2. 検索(英語)で場所を指定する
  3. 表示されるポケモンの種類を選択
  4. タップで周辺ポケモンの情報更新
  5. 拡大・縮小(ピンチイン・アウトでも可能)
  6. ピン周辺のポケモン情報更新(30秒に1回)

操作はそこまで難しくありません。
デフォルトマップ設定が『シドニー』に設定されています。
検索バーに『JAPAN』と入力するか、現在位置からマップを動かしてポケモンを探します。

実際にポケビジョンを元にポケモンを探しにいきましたが、見事発見できました。

PokeWhereの使い方

pgo-ss8

iPhone・Android共にアプリストアで配信されています。
(2016年7月27日現在)

『PokeWhere』と検索するとダウンロードページに飛べます。

ダウンロードしたアプリを起動するとこのような画面が出ます。
pgo-ss10

使い方はいたってシンプル。
自分のいる位置をGPSで測定した後にマップでサーチしたい場所にタップ。
下の判定ボタンを押せば使えます。

アプリで操作するため全体的に動きは軽いです。
※広域でサーチするとアプリが重くなるので注意

ポケモン探しの旅へ

これらツールを使う事でゲームがスムーズに進む事でしょう。
ただし下記の点にはお気をつけ下さい。

  • ツールを良しと思わない人がいる事
  • 私有地や侵入区域など入ってはいけない所への侵入
  • 周りの人やお店の人に迷惑をかけないこと
  • 海外ツールのため自己責任で行う事

便利な反面、気をつけなければいけないことはしっかり気をつけて、
ポケモンゲットの旅を楽しみましょう。