【ポケモンORAS】ライチュウ育成論1【ダブルバトル】

ライチュウ #1縦500

努力値配分・各種データ

育成論データライ
性格 特性 アイテム
むじゃき ひらいしん きあいのタスキ
技1 技2 技3 技4
ねこだまし 10まんボルト アンコール フェイント
努力値 H6 A252 S252
実数値 136-99-75-142-101-178
育成ポイント
ねこだましとアンコールの両立が可能なため、相手の行動を上から封じる事ができる。

トリッキーな動きができるが紙耐久のため『きあいのタスキ』は確定ファイアローやギャラドスに対して10万ボルトが刺さるのが意外とありがたみを感じる。

特性『ひらいしん』によって、こちらの電気弱点ポケのフォローができるのも大きい。

例えパーティに入れていなくても、相手は警戒して電気技を打ってこない可能性もある。

バトル中の立ち回り
ライチュウといえば『きあいのタスキ』『ねこだまし』『アンコール』が有名すぎるくらい有名。

相手はそれを読んでポケモン交換等の対応をしてくる可能性が非常に高い。

それを更に読んだ上で行動できるかが勝つために必要になってきます。

攻撃は非常に低いのでライチュウをバックさせた後の再利用は少し難しいです。

先発で相方と一緒に一気に相手をたたみかけましょう。

要注意ポケモン・対策
マニューラ
ライチュウよりスピードがある猫だまし持ちポケモン。上を取られてタスキを潰された同ターンに相手の横ポケモンに落とされると一気に不利になる。

交代読みの『はたきおとす』で後続ポケモンに圧力をかけられる可能性もある。『まもる』を入れる技スペースの余裕はないので選出そのものをよく考えましょう。

ランドロス
強力な地面タイプで電気技が通らない。『めざめるパワー』を搭載していたとしても確定で落とすのは難しいです。

ライチュウが隣のポケモンに圧力をかけられるようであればそちらを優先。

使用率ランキングでも毎度上位に食い込むので、ランドロスを対策できるポケモンは必ず用意しておこう。